夏だ!海だ!プールだ!防水カメラで撮ろうよ、ニコン「COOLPIX(クールピクス)」ってどう?夏休みの観察日記にも使えるよ!レビュー

みなさん今年の夏の予定は決まりましたか?

お子さんがいる家庭なら家族仲良く海水浴ですか?

それとも遊園地のプールで大はしゃぎ!

アウトドアで川遊びも楽しいですね。

私も今年は海に行く予定あり(^^)/

どうせなら水を気にせず写真を撮りたい!!!

っと言うことで防水カメラを探しました。

防水カメラ

防水カメラを購入するにあたってはすでにミラーレスの一眼カメラを所有しているので
「防水」使用を重点に置いて高性能ではなくてもいいかなっと言うことで探してみました。

候補はふたつ、さてどれにしようか、、、?

富士フイルム FinePix(ファインピクス)


発売日:2018年02月15日
「水深20mまでの防水」
「高さ1.75mから落としても耐えうる耐衝撃構造」
「-10℃までの耐寒」
「砂やほこりの侵入を防ぐ防塵」

Bluetooth対応
光学ズーム:5倍

1640万画素の裏面照射型 CMOSセンサーと、広角28mmからのフジノン光学式5倍ズームレンズを搭載。

約207gの小型軽量設計

「シネマグラフ」撮影
画像の一部だけが動くことで、狙ったテーマを際立たせる表現技法

富士フイルム FX-XP130Y コンパクトデジタルカメラ FinePix(ファインピクス) 

ニコン  COOLPIX(クールピクス) W300


2017年6月30日発売

水深30mまで
4K UHD動画も撮影できる本格派アウトドアカメラ
手元を照らせるLEDライトも新たに搭載
雨の中での記念写真も気軽に撮影可能
日時や位置情報、高度/水深、ロググラフなどをひと目で確認
記録した高度や気圧、水深情報は、写真にデータとして写し込むことが可能。
電子コンパスや高度計、水深計などを表示するアクティブガイドをワンボタンで表示。
パソコンからの電源供給で充電
20種類のシーンモードを搭載

ニコン W300GR デジタルカメラ COOLPIX(クールピクス) W300

ニコン COOLPIX(クールピクス)W100


発売日:2016年10月下旬
水深10mまでの防水性能

1.8mの耐衝撃性能

-10℃の耐寒性能
優れた防じん性能

カメラとスマートフォン/タブレットを常時接続

光学3倍ズーム

約177 g
ニコン W100BL コンパクトデジタルカメラ COOLPIX(クールピクス)

親子で楽しめるニコン「COOLPIX W100」

決めました!!!

私が購入したのはニコンです。

SnapBridge対応、親子で楽しめるタフカメラ

富士フィルムのFinePix(ファインピクス)も「シネマグラフ」撮影に魅力を感じましたが
今回は「防水機能」があれば後はスマホ撮影で良いかなっと思ったからです。

COOLPIX(クールピクス) 「W100」は「お子様用」として小さな子供でも使えるようにとってもシンプルに出来ています。

早速開けてみます

 

ニコン「COOLPIX W100」の商品と特徴

セット内容です

  • カメラ本体
  • ストラップ
  • USBケーブル
  • バッテリー
  • 充電アダプター
  • USBケーブル
  • ブラシ
  • 仕様書&説明書
有効画素数 1317万画素
レンズ NIKKORレンズ
光学3倍ズーム
焦点距離 4.1-12.3mm
ISO感度 ISO 125~1600
開放F値 f/3.3-5.9
手ブレ補正機能 電子式(動画)
ブレ軽減機能 手ブレ軽減(静止画)
録画素数 ・13M[4160×3120]
・4M[2272×1704]
・2M[1600×1200]
シャッタースピード ・1/2000~1秒
・25秒
([場面を変える]の[光の軌跡をのこす]の[星空])
セルフタイマー ・10秒、笑顔シャッター
・5秒(自分撮りタイマー)
モニター 2.7型TFT液晶モニター
反射防止コート付き、約23万ドット、
輝度調節機能付き(5段階)
防水機能 水深10m、60分までの撮影が可能
大きさ 約109.5×67.0×38.0mm(突起部除く)
重さ 約177g(電池、メモリーカード含む)
使用温度 -10℃~+40℃(陸上)
0℃~40℃(水中)

  1. シャッターボタン
  2. 電源スイッチ
  3. マイク
  4. フラッシュ
  5. セルフタイマーランプ
  6. 動画撮影
  7. ストラップ取り付け
  8. Nマーク
  9. スピーカー
  10. レンズ(保護ガラス付)

  1. 設定ボタン
  2. モニター
  3. 充電ランプ
  4. マルチセレクター
  5. 撮影/再生切り替えボタン
  6. メモリー/電池カバー
  7. 三極ねじ穴

コンデジなのに機能はそれ以上の働きのクールピクス。
しかも子供が楽しくカメラを写せるような工夫がしてあるんです。

これは見逃せません。

オープニングに注目してください!

始めてカメラを使うときにまずすること
充電⇒電源を入れる⇒カメラ設定

この時の電源を入れるとオープニングで可愛いイラストが写るんです。


リスさんやテントウムシが遊んでますよ

後ろに双葉の葉が見えます。

この葉が使うたびにぐんぐん育っていくんです!!

↑どうですか!2日使ってこんなに木が大きくなってます(^^)/
キャラクターもコアラやカブトムシに変わってます。

そして朝撮った写真を夜みようと電源を入れるとイラストが夜バージョンになってます。

これだけじゃないんです

10種類のレア画面
2種類のスーパーレア画面
ランダムに表示される32種類のキャラクター

電源を入れただけでワクワクしちゃうようなカメラになっているんです♪

簡単な設定

設定ボタンは左側の4つの出っ張りを押すだけ。

左の4つを押すだけ!

設定ボタンで
バラエティーメニュー(背景5種類)
バラエティーメニュー「しない」は白黒のシンプルな背景になります。

 

言語は英語と日本語そして嬉しいのは「ひらがな」があることでした。
お子様用と言うことでひらがながありますが、

外国人の主人はひらがなが気に入ったようです(漢字が読めないので(;’∀’))

はな
今までカメラの言語が日本語では主人が使えず、英語では私が使えない!ひらがななら夫婦で使えるのが良かった!

充電方法

充電は本体にケーブルをつなぎます。
本体直なので蓋がこわれそうで心配ですが難点はこれだけ。


しかしパソコンからの電源供給でカメラ内のバッテリーの充電ができるのでパソコンで編集しながら充電すればそれほどでもない。

はな
バッテリーが小さい分だけカメラが軽くなるので持ち歩きに便利。コンデジで乾電池使用では重すぎますから、、、。

場面を変えると楽しさ倍増、豊富なシーン撮影

ニコン「COOLPIX W100」は撮影シーンがとても豊富です。
色々試してみると楽しさ倍増。

左のボタン⇒SCENE⇒場面を変える

  1. 夜景をとる
  2. ふんわりとる
  3. 花火をとる
  4. 食べ物をとる
  5. 観察写真をとる
  6. 逆光でとる
  7. ミニチュア風動画をとる
  8. ネオン風にとる
  9. 水中でとる
  10. 水中顔フレーミング
  11. 鏡に映す
  12. ミニチュア風にとる
  13. マンガ風にとる
  14. 光の軌跡をのこす
  15. ビー玉に映す
  16. アップでとる

 

水中で撮るをOKにすると

注意書きが出てきます。
海では塩が付くので真水にカメラをつけておきます。

鏡にうつすを選択すると

こんなふうに写ります。

ビー玉にうつす

こんなふうに魚眼レンズで写ります。

 

観察写真を撮るにすると

  • 10秒ごとにとる
  • 1分ごとにとる
  • 5分ごとにとる

こんな便利な使い方も良いですね。
夏休みの観察日記にも使える機能
観察写真をとる
設定した撮影間隔で写真を自動的に連続撮影します。
朝顔の観察日記や雲の流れなどなどほかにはない機能!

COOLPIX(クールピクス)を水につけてみた

本当に防水かどうかまだ信じられません。
っと言うことで水につけてみました。

半分水面に入れてみました

水の中に沈めてみました

濡れてもぜんぜん大丈夫♪

シッカリ写ってます

 

写真撮影が楽しくなるシーン加工機能

ニコン「COOLPIX W100」で写した写真は加工が出来てより楽しい。

写真でアソブを選択すると

写した写真が可愛く加工!美人メイクまで出来ちゃう

メイクアップ機能
これがまるでスマホアプリのように使えちゃうんです。
撮影した写真にアイシャドウやマスカラ、リップカラー、チークなどの12種類の効果

肌をなめらかにしたり、目を大きくしたりも可能

  1. 小顔にする
  2. 美肌にする
  3. ファンデーションを塗る(全12色から選択)
  4. テカリを抑える
  5. クマを薄くする
  6. 眼を大きくする
  7. 眼を白くする
  8. アイシャドウをつける(全12色から選択)
  9. マスカラをつける(5種類の形状から選択)
  10. 歯を白くする
  11. リップカラーを変える(全12色から選択)
  12. チークをつける(全12色から選択)

これなら海やプールでメイクが崩れても問題な~い(〃’∇’〃)

その他

  1. 魚の目で見る
  2. トイカメラ風にする
  3. キラキラさせる
  4. ミニチュア風にする
  5. ふんわりさせる
  6. 好きな色を残す(特定の色だけを残し、他の部分を白黒)
  7. マンガ効果をつける(3種類)
  8. スタンプをおす(全21種類のスタンプ)
  9. アルバムを作る(5種類のデザイン)
  10. 色を変える
  11. 写真をかざる(9種類のデザイン)
色々なスタンプがありますよ
加工アプリのように使えます

漫画効果をつける

カメラからそのまま加工が出来るのが便利

 

その他のうれしい機能

1.削除ロック
子供が間違えて削除ボタンを押してしまった!!

どうしよう、、せっかくの写真が消えちゃった。

そんな残念を解消してくれる機能

誤削除を防ぐ「削除ロック」

2つのボタンを同時に長押しするだけ

操作ミスを防げます。

2.メッセージを交換する・採点
1枚の写真に2つまで音声メッセージをつけられるメッセージ交換機能を搭載。
親がつけたメッセージに子どもが返答する
約20秒まで録音できます。
これってお友達同士で短い会話をつけられて楽しいです。

3.いつもと違った動画撮影

面白い動画機能があります。

設定⇒サイズを変える⇒動画サイズ⇒昔風
これを選ぶとレトロ風な動画が作れます。

4.ぴったりAF[ターゲットファインドAF]
カメラが撮りたいものを自動的に検出して、すばやくピントを合わせます。

5.夜撮りキレイテクノロジー
暗い場所でもノイズや手ブレをしっかり軽減

海で、プールで写した写真をスマホに連動させればすぐにインスタアップできるのでこれは使えるカメラです!!!

スマートフォンにつなげよう

一番下の右側!

SnapBridgeのアプリをインストールすると
カメラとスマートフォンがBluetoothで常時接続出来るので便利。

 

スマホがバッグに入っていても、
カメラのシャッターをきるたびに撮った写真を自動転送してくれる

リモート撮影
スマートフォン/タブレット端末をリモコンがわりに♪

家族の集合写真や、雄大な風景をバックに
自分を撮りたいときに

シャッターを切る前に構図などをスマートフォンの画面で確認して撮影できます。
ズーム操作などがアプリ側から行えます。

カメラ1台に対して、5台までのスマートフォン/タブレット端末の登録

1台のスマートフォン/タブレット端末から5台までのカメラの登録

スマートフォン/タブレット端末の切り替えはカメラ側から、
カメラの切り替えはスマートフォン/タブレット端末から行えます。

ニコンCOOLPIX W100の感想

ぶっちゃけ画質はそんなに良くないです。
普通に撮るときにはスマホのほうが断然きれいでくっきり撮れます。
しかし山や海などアウトドアでは濡れることはもちろん砂埃や細かいごみなどレンズを気にしなくて使えるところが気に入りました。
旅行で観光地、遺跡、花など綺麗に撮りたいときには一眼レフ
海や川、子供と一緒に惜しげなく使えるのは「ニコンCOOLPIX W100」
コンパクトで軽いので身軽に使えるところも良いですね。

 

欲しいカメラが決まったところで色々と「ニコンCOOLPIX W100」を検索しました。
価格.com、楽天市場、Amazonなどなど。

結果的に一番お得に買えるのはヤマダウェブコムでした。

ヤマダウェブコム

その他で検索したい方はこちら

ニコン W100BL コンパクトデジタルカメラ COOLPIX(クールピクス) 「W100」(ブルー)
by カエレバ