Dr.ケラー式 肌トラブル解決化粧品「b.glen(ビーグレン) ホワイトケア」トライアルセットの内容と使い方&成分

ビーグレン「ハイドロキノンで薄くする」本当に大丈夫?

日本人にとって肌の白さは憧れです。
「色白は七難隠す」って言いますからね(^^)/

いかに肌を白くするか
これまでずっと「美白」について女性なら一度は商品をいろいろと探したのではないかしら。

敏感肌でもしっかりと肌を白くしたい。
いつもならオーガニックに手を出して使ってみるのですがいまいち肌には優しいけれど効果が見えない。

それなら美白に効果のある成分を使って肌の色を少しでも明るくしたい。
今あるシミを少しでも薄くしたい。

ハイドロキノン

ハイドロキノンと言えば美白効果の高い成分です。
しかしハイドロキノンは酸化しやすく非常にこわれやすい成分
肌に浸透しづらくただ塗っただけでは奥まで届きません。
これは親水性のため肌バリアにより阻まれてしまうからです。

肌にやさしくて効果の期待できるハイドロキノンはないのかしら?

ハイドロキノンと検索すると真っ先に出てくるのが「ビーグレン」です。

ビーグレンの美白商品「ハイドロキノン」は安心?

ハイドロキノンとは
シミの原因であるメラニンの生成を抑えて新たなメラニンを作るのを抑える働き。
紫外線や加齢とともに出来てしまったシミに効果を発揮します。

ハイドロキノンを使った商品は大変多いです。
含有量もまちまちです。
だいたいが1%~5%以内の範囲に収まっています。

その中でも最も低い含有量がビーグレンです。

ビーグレンのハイドロキノンは1.9%
他社より群を抜いて少ないんです。
中には4%ハイドロキノンを使っている商品もある中でどうしてビーグレンは1.9で効果が出るのか。

(左)ハイドロキノンは親水性のためバリア機能が高い肌は成分がはじいてしまいシミのある中まで届きません。

(右)ビーグレンのキューソームカプセルでナノ化され分子が小さくなりシミのある角層の奥まで届く。
Qusome浸透テクノロジー
成分をナノ化してカプセルに閉じ込め肌の奥の狙った場所で効果を発揮する。

↑右はキューソームカプセルが肌の奥まで入り浸透している様子。

1.9でも効果は4%と同じくらいの効果を上げているんです。
少ない成分で効果を上げるのはただシミを薄くするだけではありません。
リスクもそれだけ肌への負担が少なくなるんです。

このためクリームはポイント使いではなく肌全体に塗ることもできるんです。

これまで11年以上の実績があるビーグレンは肌トラブルよりシミに効果があったと高い評価を得ています。
これも長い歴史があるビーグレンだからこそですね。
ビーグレン

 

Qusome ホワイトクリーム1.9はこんな方におススメしたい。

  • 何を使っても効果を得られず諦めている人
  • どんどんシミが目立ってきたと悩んでいる方
  • 妊娠、出産したらシミが出てきてしまった人
  • ファンデーションで隠していたらもっと濃くなってしまった人
  • コンシーラーでは隠しきれなくなってしまった人
  • だんだん肌がくすんできたと感じ始めている人
  • レーザー治療のアフターケアをしたい人

これから紫外線が強くなりますます肌がくすんだり、黒くなったりする前にしっかりとケアしましょう。

Qusome ホワイトクリーム1.9の3つの働き

1.入り口で阻止
初期段階で指令を出しシミの原因を作らない
オリゴペプチド-34
新たに入った成分
メラニンを抑制する効果が高く、美白ペプチドとも呼ばれている成分。
初期段階でシミの原因を作れないように指令を出す。

メラノサイトがメラニンを作ろうとする指令をストップ!!!!

オリゴペプチド-68
βーホワイト
ヒトの体に存在するTGF-βに似た形をした合成ペプチド。肌の明るさを保つ効果が期待できます。

2.内側で攻める
出来てしまったシミを攻めのアプローチで薄くする。
ハイドロキノン

3.出口で阻止
メラニンが肌表面にシミとして現れるのを阻止する。
ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸
新たに入った成分
最新型ビタミンC誘導体の一つ。
メラニンが生成されシミの元となってもそれを肌内で封じ込め、シミとして肌表面に現れないように阻止する。

入り口、内側、出口でシミを阻止!!!!!

Qusome ホワイトクリーム1.9の3つの働きにより入口、内側、出口で阻止することにより
「オートファジー」自分で除去する機能を高めていきます。

Qusome ホワイトクリーム1.9を使い続けるとシミのできない(オートファジー)が形成されていくんですね!

出来てしまったシミを薄く!

ではなく
これからできるであろうシミも、出来てしまったシミも、できない肌にする働き!

ビーグレンホワイトケアの5つのステップ

※クレイウォッシュ、ローション、Cセラムの使い方、成分は「エイジングケア」を参考にしてください。

クレイウォッシュ

@コスメの中でも洗顔ランキングの上位に入るクレイウォッシュ
とても細かい超微粒子のモンモリロナイト
毛穴の汚れ、メラニンを含む古い角質を磁石のように引きつけて除去する。

泡が出ない洗顔でもまるで濃密クリームで洗っているような感じ。

Qusome ローション


肌内のセラミドを増やし長時間潤いを維持する化粧水
美白型ビタミンC誘導体を配合
紫外線の影響を感じさせない。
朝つけたら夜まで肌が潤っている

Cセラム


美容液
ピュアビタミンCを高濃度(7.5%)配合。
即効性がありそのままでは浸透しにくく変質しやすい成分をQusome テクノロジーで肌への酸化を防ぎメラニンの生成を抑制。

ホット感でじんわり肌が整う感じが得られます。

Qusome ホワイトクリーム1.9


ハイドロキノン1.9%
新成分配合でシミを作らない、作らせない肌へと導く。

はな
Qusome ホワイトクリーム1.9は夜のスキンケアに使ってくださいね。朝は使う必要なし。

Qusome モイスチャーリッチクリーム

ペプチドをはじめとしたエイジングっケア成分配合。
コラーゲンを増やし太くすることで真皮ジミ(肌奥に落ちてしまうシミ)を防ぎます。

全ての肌タイプに肌の基本は「保湿」モイスチャーリッチクリームはしっかりと潤いを与えてくれるので年齢肌に悩んでいる方や乾燥肌の方にも使って欲しいクリームです。(^^)/

 

ホワイトケアの価格

6,422円⇒1,800円(税抜き)

365日の返金保証があるのでとっても安心。

美白ケア(trial)

シミ、しわは絶対にあきらめないで!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen