2016/6/4
TBSのサタデープラス
小堺一機さん司会の番組。
美容と健康情報が大変ためになるので
毎週チェックを欠かしません。

Dr.プラス

今日はスーパードクターが実践
梅雨の超健康法ベスト3です。

1.梅雨の偏頭痛を防ぐ方法

梅雨は偏頭痛になりやすい。
梅雨の時期は気圧が下がるので身体がむくみやすい。
そのために身体の圧力が低下し脳の血管が拡張して頭痛が起こってしまいます。

東京女子医科大学
脳神経外科
清水俊彦ドクター

偏頭痛予防法

※朝はゆっくり時間をかけて起きる
急に起きると脳の血流が下がり頭痛の原因となる。

カーテンもゆっくり開け日の光をゆっくり受ける
※朝のスイカ
シトルリンの利尿作用が血管のむくみ改善になる。
血液中の老廃物、余分な水分を排出してむくみを抑えてくれる

3切れ食べるだけで予防になる。
この時皮のギリギリまで食べる
皮の近くに栄養があるから。

※梅雨の時期はポニーテールはダメ
頭皮を引っ張ると後頭部の神経を刺激して偏頭痛の原因となる。

※午後3時に微糖のコーヒーを飲む
カフェインの利尿作用で血管が収縮。
糖分で血糖値を安定させ脳の血管も安定。

2.梅雨の美肌法

紫外線からシミ、シワの原因に!
東京港区アオハルクリニック院長
小栁衣史子ドクター
40代のドクターなのに肌年齢が20代!

※パフは毎回洗って使う
パフは意外に汚れているもの

※毎朝ほうれい線を伸ばす運動
舌運動
舌先を鼻の下にあて口周りをなぞるように回す
時計回りに5週
逆も同じに
リンパの流れでたるみ予防に

※春菊とアーモンドの和え物で美肌
春菊のビタミンA
アーモンドのビタミンEでお肌すべすべ

※理想の男性の写真などトキメク気持ちをもつ
ドーパミンやホルモン分泌で血流が良くなってお肌が綺麗に

3.腸を鍛える

梅雨、夏の疲れ予防
理化学研究所
便野義己ドクター

夏を乗り切るには腸が大事

ポイントは3つ
●作る力
●育てる力
●出す力

※作る力
ネバネバ3食材
納豆+オクラ+メカブ
納豆=善玉菌
オクラ=整腸作用、食物繊維
メカブ=食物繊維

良い便を作る

※育てる力
ヨーグルト+豆乳+バナナ+ハチミツ
を加えたジュース

ヨーグルト=乳酸菌
豆乳=イソフラボン、大豆オリゴ糖
バナナや豆乳は乳酸菌の餌になる。

腸内環境改善

乳酸菌は免疫細胞の活性化させる
R-1乳酸菌

※出す力
2時間歩く
腿を上げて歩く。
スクワット運動
中腰になり深くスクワットするとより効果的

今回はとても参考になりました。