新型コロナの新しい生活様式&ウィルスに負けない体の作り方

暮らしと経済

新型コロナの新しい生活様式とは

新型コロナウィルスの影響で毎日が「コロナ」のニュースをチェックすることから始まるようになりました。

 

最新のニュースは「新型コロナ」緊急宣言42府県で解除されました。
大阪・京都・兵庫が解除になり、5月23日は東京の感染者が3人となりました。

全国が解除に近づきつつあります。

新型コロナウィルスが日本国内で「ゼロ」には決してならないようです。
私たちの生活は新型コロナウィルスの中で暮らさなければいけない。

新型コロナウィルスとの共存。

これから先のアフターコロナ。

いろいろとこれからのことを考えてみました。

新しい生活様式

厚生労働省が出した「新しい生活様式」
毎日の生活が始まります。

目に見えない新型コロナウィルスがいつもそばにいる中での暮らし。
生きていくためには毎日の生活をしなければいけません。
元通りにはいかない。
そのための生活ルール。

基本的生活様式

♦毎日の生活で取り入れること。

外出から帰ったら手を洗うのは新型コロナの前からの習慣で当たり前。
それから先は、、

手洗い

  • 手洗い・手指消毒
  • 咳エチケットの徹底
  • こまめに換気
  • 身体的距離の確保
  • 3密の回避(密集、密接、密閉)
  • 毎朝の体温測定、健康チェック

1人ひとりの基本的感染対策

  • 人との間隔は出来るだけ空ける(2m)
  • 遊びに行くときは室内より屋外。
  • 会話は真正面は避ける。
  • 出かけるときにはマスク着用
  • 帰宅したら手や顔を洗い、着替えてシャワー。
  • 手洗いは30秒、石鹸で丁寧に洗う。

緊急事態宣言が解除されても常に同じ気持ちでいようと思います。

日常に関する対策

交通機関の利用

  • 徒歩や自転車を利用
  • 混んでる時間帯は避ける
  • 会話は控える

歩いて通勤

はな
緊急事態宣言になって主人は1時間以上歩いて通勤したら2か月で4キロ体重が減りました。健康になったと喜んでいます。

買い物

  • 通販利用
  • 少人数で買い物
  • 電子決済
  • 買い物は事前にメモ
  • サンプル、試食は控える
  • レジに並ぶときは間隔を開ける

コロナのスーパーの買い物

はな
メモして買い物をするようになり、短時間で済ませるようになると無駄な買い物をしなくなり計画的に出来るようになりました。これからも続けて習慣にしたいと思います。

食事

  • 持ち帰り・デリバリー
  • 大皿は避けて取り分ける
  • 横並びで食事
  • 食事中の会話は避ける
  • グラスの回し飲みは避ける

家族との食事

はな
誕生会や女子会など大皿で盛り付けをしていましたが、これからのパーティー料理は工夫が必要です。

ウィルス予防は「元気な身体つくり」

新型コロナウィルスがどこかに潜んでいる中で生活するためには、
自分の身体がウィルスに負けない「元気」な身体にならなければいけません。

ウィルスは新型コロナウィルスだけではなく今までも数々のウィルスが存在します。
感染症(SARS、MERS)、ノロウィルス、夏のプール熱や手足口病もウィルスです。
ウイルスは感染した細胞を支配し、強制的にウイルスを複製させます。

ウィルスの感染経路

ウィルスは真菌や最近よりも小さく生きた細胞に入り込み増殖します。
のど、鼻、粘膜から入り込みます。

  • 接触感染(皮膚や粘膜の直接的な接触・手すり・タオル)
  • 飛沫乾癬(せき、くしゃみにより、唾液や分泌物がて空気中に飛ぶ)
  • 空気感染(ウイルスや細菌が空気中に飛び出す)
  • 経口感染(ウイルスや細菌に汚染された食べ物)

マスクの必要性

(マスクと体温確認は忘れずに)

ウイルスに対する防御は健康な体

ウィルスが体に入り込まないための防御策。
新型コロナウィルスに有効なワクチンが出来るまでかからないための防御策。

新型コロナウィルスの新生活様式

免疫力アップでウィルスを跳ね返す力をつける。
バリア機能を高めることが大事。
元気な身体を作ります。

日頃の不摂生で栄養バランスが崩れたり、生活習慣病で数値が上がっている健康トラブルを見直します。

栄養バランス

不要不急の外出を控える習慣はこれからも心掛けていきます。
家で食事をすることが増えたので「栄養バランス」を見直す絶好のチャンスです。

♦食事の基本は、主食・主菜・副菜

主食ご飯、パン、麺類など、主にエネルギー源
主菜肉、魚、卵、大豆製品など、
主にタンパク質を多く含む食材
副菜野菜、きのこ、海藻など、
ビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含む食材

食べる量に注意
年齢や運動量により1日に必要なエネルギーが変わります。
食べ過ぎに注意してバランスの取れた食事を心がけ。

栄養が偏りがちな方に

野菜が嫌い、不足気味の方におススメ
♥「やわた本青汁」
国産大麦若葉を使用
1杯に150億個の乳酸菌!
ビタミンCを1杯で30mg(ミカン約1個分)配合
公式サイトやわたの本青汁
1杯に150億個の乳酸菌!

はな
野菜不足は青汁。やわたの青汁は乳酸菌も摂れるのでおススメ。

♥パーフェクト サプリ マルチビタミン&ミネラル
野菜不足はビタミン不足
マルチビタミンで不足をサポート

公式サイトパーフェクト サプリ マルチビタミン&ミネラル 30日分

はな
毎日飲んでいます。ビタミン、ミネラルが同時に摂れるだけでなく酵素、コエンザイムQ10とまさにパーフェクト!

腸活

免疫力を高めるために「腸」が大切。
腸を元気にするには、善玉菌を増やして腸内フローラを整えます。

腸活

♦シンバイオティクスを取り入れる
シンバイオティクスとは

プロバイオティクスプレバイオティクスを一緒に摂取することです。

プロバイオティクスとはプレバイオティクスとは
腸内を整える善玉菌
乳酸菌やビフィズス菌、納豆
腸内の乳酸菌を増やすエサ
ガラクトオリゴ糖(腸内環境改善)
不溶性食物繊維(便秘改善)
水溶性食物繊維(腸内環境改善)
シンバイオティクスプロバイオティクス+プレバイオティクス
善玉菌となる「菌」と「エサ」
一緒に摂ることで腸の働きを最大限に高める。

善玉菌と善玉菌を増やすエサを一緒に摂る、シンバイオティクスに注目。

腸活におススメ
♥乳酸菌革命
ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など主役級の乳酸菌が16種類
1日に摂れる乳酸菌は1,000億個
公式サイト乳酸菌革命
1粒に16種類の乳酸菌が500億個

バリア機能強化

体つくりを強化する
健康をさらにサポートする
プロポリス、すっぽん

バリア機能強化におススメ
♥にんにく卵黄
昔から愛用されるにんにくと卵黄がサプリになりました。
にんにくと卵黄の元気パワー。
公式サイト伝承にんにく卵黄

♥白井田七
有機JAS認証済みの田七人参
「サポニン」が高麗人参の約7倍
和漢の人参で自然治癒力を改善、免疫力をアップ。

公式サイト白井田七

♥イミダペプチド
最近注目の成分。
疲労感軽減成分。
渡り鳥が何日も休むことなく飛び続けることが出来るのは「イミダペプチド」に関係している。
公式サイトノンカフェインの疲労感軽減ドリンク「イミダペプチド」

♥アディポネクチン
長寿ホルモンとも呼ばれている。
全身の血管のメンテナンスをしてくれる成分。
アディポネクチンはメタボリックシンドロームを防ぐとテレビで話題になりました。
『アディポネクチン』を活性化させるサプリメント
公式サイト【DSアディポ】

♥すっぽん
「アミノ酸」や DHA・EPA・ビタミンE・鉄・マグネシウム・亜鉛・カルシウムなど栄養素をバランス良く含む。
健康にも美容にも良い成分。
公式サイトすっぽん小町
良質なアミノ酸がたっぷり

運動

健康の秘訣は日光浴と適度な運動。
紫外線に当たりたくなくて外出を控えると、ビタミンDが不足します。
血中濃度のビタミンDが少ない人ほど生活習慣病になりやすい。
日光に当たることで体温が上がり血行促進にもつながります。
体の巡りが良くなるとリンパの流れも活発になります。

ジョギングで健康

陽にあたりながら軽いウォーキングをすることで脂肪燃焼。

買い物するときに車を使わず自転車や歩きに変える。
いつもより遠回りして買い物する。

注意すること
夏は熱中症になりやすいのでこまめな水分補給。

睡眠

なかなか眠れない人は昼間の散歩がお勧めです。
日光に当たるとセロトニンが増え体内時計を整えます。
1日15分日に当たるだけで睡眠の質が変わります。

質の良い睡眠

 

新型コロナウィルスは非常に怖いウィルスですが、
今までやろうと思っていたのになかなかできなかったダイエット、生活習慣病など体のメンテナンスをするきっかけになります。
気持をポジティブに持って健康な体を作ります。